お金借りる 即日。低金利キャッシングでおすすめならどこ?お金借りるのに必要なもの

お金借りる 即日。低金利キャッシングでおすすめならどこ?

キャッシングの利用を考える時は、多くの方が「今、お金が必要」という状況ではないかと思います。

 

急なお見舞い、結婚式、送別会・・・社会人として生活していると「急な出費」は多かれ少なかれ誰でもあること。キャッシングを上手に利用すれば、「急な」状況にスマートに対応することができるのでとっても便利ですよね。

 

ただ、キャッシングを利用する時に一番悩むのが「どのキャッシング会社を選べばお得か」ということ。
ネットで調べただけでもたくさんありすぎて、見ているだけでもどこの会社が本当に便利でお得なのか調べるのは非常に大変です。

 

当サイトでは、安心して利用できるキャッシング会社をランキング形式でご紹介いたします。
特に、「即日融資が可能」を条件としたキャッシング会社をメインにご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

>>お急ぎでオススメのキャッシングが知りたい方は→コチラ

 

「低金利」なキャッシング会社を見極めるには?

 

低金利なキャッシング会社を見極めるのに重要なポイントは”金利の上限”で比較することです。

 

(例)

 

@10%〜15% 融資限度額300万円

 

A8%〜17% 融資限度額300万円


問題です。@とAではどちらが低金利に見えますか?

 

こうやってみると、Aの方が低金利のように思えませんか?
でも実は、お金をこれからはじめて借りる人にとって、実際に低金利なほうは@なんです。

 

以下のようなケースは、ほぼまちがいなく最高金利が適用されます。

 

  • お金をはじめて借りるとき
  • 50万円以下の比較的定額の融資

 

@もAも金利に大きな幅がありますが、残念ながら最低金利が適用されることはほとんどありません(^^;
最低金利が適用されるのは、限度額いっぱいに借りる場合にしか適用されることはほぼないと考えてOKです。

 

つまり、同じキャッシング会社で融資を受けても、融資を受ける金額や、信用によって適用される金利はちがうということ。

 

限度額300万円のキャッシングで、300万円借りたAさんと、30万円借りたBさんでは、Aさんのほうが安い金利で借りられ、Bさんは最高金利で借りることになります。

 

融資限度額以下の審査に通った場合、一番低い金利は適用されず、この金利の幅のいずれかが設定され、50万円以下の借り入れならほぼ最高金利となります。
また、初回の借り入れから、キャッシング会社が設定する限度額を借り入れることはできません。
まずは数十万円から(各々の収入の状況により異なります)スタートし、期日を守り返済していくことで信用が得られ、限度額が引き上げられます。

 

”上限金利”を比較して消費者金融を選ぼう

もし、あなたが長期的に数百万という高額な融資を受けたい、という場合は、最低金利が少しでも低い消費者金融を選ぶべきです。

 

しかし、もし、借りても数万円、数十万円までと考えているなら、間違いなく、最低金利が高めでも、最高金利が低い消費者金融を選んだほうが、実際に支払う金利は安くなります。


先ほどの問題を振り返ってみましょう。
@10%〜15% 融資限度額300万円
A8%〜17% 融資限度額300万円

 

たとえば、あなたがキャッシング会社で上限いっぱいの300万円借りるのであればAの方が低金利になります。

 

しかし、初めてキャッシングを利用する場合はほとんどの場合、限度額まで融資がOKとなることはありません。
ほとんどの初めての方は300万円以下の金額を借りることになります。となると、一番高い金利が設定されることになりますので、@のほうが金利が安いと考えられます。

 

低金利キャッシングを比較する場合は、上限の金利を目安に比較することが重要です。

 

 

 

とはいっても、今はたくさんの消費者金融がキャッシングやカードローンを取り扱っていて、どこを選べばいいのかわかりにくいですよね(^^;
この中から選べば安心・まちがいなし!という、オススメキャッシングだけ!
大手で借りやすい、即日融資も可能なキャッシング・カードローンを紹介します。

 

ぜひ、参考にしてくださいね♪

低金利・即日融資キャッシング

 

アコム

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 9:00〜21:00 パート、アルバイトでも融資が可能!

無利息といえばアコム
「最大30日間金利0(ゼロ)円サービス」
契約日の翌日から30日間無利息
☆無利息適用条件
以下の全てに合致する場合

 

・新規契約
・返済期日が「35日ごと」での契約
・ご契約日の翌日〜30日以内に利息発生の伴う利用がある場合
 ※契約の翌日から起算して30日目に利用する場合は、利息発生日が31日目になるので、対象外となります。

 

24時間、インターネットでの申し込みが可能で、3秒あれば融資が可能か診断することができます!安定した収入があれば、アルバイトやパート、派遣でも申し込み可能なので助かります。返済シュミレーションや利用状況の紹介もインターネットで簡単に行うことができます。
【特徴】
・3秒で審査結果表示
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

 

 

アイフル

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
4.5%〜18.0% 9:00〜21:00 最短30分で審査が可能!

お急ぎ審査で即日融資を実現!インターネットから申込み後、フリーダイヤルに電話することで審査にかかる時間が短縮されます。振込み予約やカードでの融資とその場の状況に合わせた即日融資方法が選べます。
※受け付け時間によっては振込みがよく営業日となる場合があります。
【特徴】
・女性専用の申込みフリーダイヤルもあります
・1秒診断で事前に自己診断が可能。
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

 

お急ぎ審査で即日融資を実現!インターネットから申込み後、フリーダイヤルに電話することで審査にかかる時間が短縮されます。振込み予約やカードでの融資とその場の状況に合わせた即日融資方法が選べます。
※受け付け時間によっては振込みがよく営業日となる場合があります。
【特徴】
・女性専用の申込みフリーダイヤルもあります
・1秒診断で事前に自己診断が可能。
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

 

 

 

キャッシュカードのキャッシング機能でお金を借りることができます。今ならポイントもゲットも!

 

アコムACマスターカード

カード受取可能時間 メリット
9:00〜21:00/年中無休(年末年始は除く) 海外でも利用できる!年会費無料!

キャッシングのついでにクレジット機能もつけたい、という方にピッタリ。クレジット機能もついているのに最短即日でスピード発行が可能です。
年会費が無料なのも嬉しいですね。
【特徴】
・クレジット機能付きで即日カード発行が可能
・アルバイトやパート、派遣社員でも融資可能
・後からリボ払いに変更も可能

 

楽天カード

カード受取可能時間 メリット
約1週間で郵送にて受取可能 年会費永年無料!

インターネットでのお買い物が多い方にはピッタリ!このカード1枚で、キャッシングもクレジット機能も使えちゃう!さらに、楽天カードなら楽天ポイントもざくざく貯まります。インターネット決済が多い方は本当にオススメですよ!
【特徴】
・楽天ポイントがどんどん貯まる!
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・今なら6.000円相当の楽天ポイントプレゼント

 

エポスカード

カード受取可能時間 メリット
マルイ受取りなら即日 入会時ポイント付与

マルイ店舗受取りで即日発行が可能!カード受取後、すぐにキャッシング・分割払いでの買い物ができます!年会費は永年無料で、7,000店舗のレストランやカフェ、ホテルなどで割引が受けられます!
今ならネット限定!新規入会&利用でエポスポイントプレゼント!マルイのショッピングですぐに利用できるので、Net申し込みをしてそのままマルイでお得にお買い物ができちゃうおトクなカードです!
【特徴】
・マルイ受取りなら即日発行可能
・全国7,000店舗で優待特典が受けられる
・今ならエポスポイントプレゼント

 

お金借りるならどこがいい?キャッシング選びのポイント

急にお金が必要になって、慌ててキャッシングできるところを探すと、後々「こっちにすればよかった」となってしまうことも。

そんなお急ぎの方のために、キャッシング選びのコツを5つのポイントにまとめてご紹介します。

 

基本的には、この5つのポイントさえ押さえておけば、ほぼまちがいないと思って大丈夫です!

 

急なお金を借りるならどこがいい?5つのポイント

  • よく名前を耳にする大手の会社
  • 即日融資が可能
  • 低金利
  • 無利息キャンペーンがあるところ
  • 在籍確認が書類でもOK

この4つのポイントの中で、特に優先順位が高いのは、即日融資が可能であることと低金利であること。
しかし、この2つを両立できるところは、まだそんなに多くはありません。
以前よりはだいぶ増えてきているのですが……。

 

低金利なのは銀行系カードローン・キャッシング。しかし……

お金を借りる方法のなかで、最も低金利とされるのが、銀行系のキャッシング・カードローンです。
しかし、銀行系キャッシングにはデメリットもあります。
それは、消費者金融のキャッシング・カードローンよりも審査に時間がかかり、即日融資が難しいということ。
お金を借りるまでには、どうしても時間がかかってしまいます。
また、審査も厳しく、早くても2〜3週間かかってしまう場合もありますので、急にお金が必要な場合はあまり向かないですよね。

 

申込は誰でもできるの?キャッシングに申込可能な人

キャッシングは基本的に収入があれば誰でも申込可能です。

 

・安定した収入がある人
・他社の借り入れが収入の3分の1以下の人
・20歳〜69歳の人(キャッシングのよっては65歳や60歳の場合もあり)

 

最低限上記の3つを満たしていれば、アルバイトやパートでも申込可能です。
正社員じゃなければいけないとか、契約社員だから申込できないということはありません。
主婦や学生でもパートをしていて自身に収入があれば、どんなキャッシングでも申込可能です。

 

専業主婦の場合は、配偶者の収入に頼っている状況になるので、消費者金融のキャッシングの申込は難しいです。
しかし、銀行のキャッシングの場合は申込めるところもありますので、銀行キャッシングで調べてみてください。

 

担保や保証人は不要

消費者金融や銀行などのキャッシングは、ほとんどが担保や保証人不要でお金を借りることができます。
キャッシングは、ATMなどでカードを使って簡単に少額を借りるのが基本。
さらに、簡単に申込みができて、スピーディにお金を借りることができるのが利用者が多い最大の理由です。
保証人や担保は、大口の借入や住宅ローンなどには必要ですが、借入金額の少ない消費者金融などのキャッシングは保証人不要なことが多いです。
その変わりに、金利を高めに設定しており、担保や保証人なしのリスクを補っているのです。

 

手数料に気をつけよう

キャッシングは基本的に手数料無料ですが、無料になるのは指定された一部であり、ほとんどの場合が手数料がかかります。
キャッシングによって、手数料の金額や手数料がかかるキャッシング方法は違いますが、どのキャッシングでも必ず手数料無料なのは、そのキャッシング会社のATMを利用することです。

 

例えば消費者金融のキャッシングの場合、店舗に無人契約機とATMが設置されているところがあります。
そこでカードを使ってキャッシングをする場合は手数料は無料です。

 

次に、振込キャッシングで自分の口座に振り込んでもらう形のキャッシング方法を利用する場合は、指定された口座の場合は手数料が無料になります。

 

概ねこの2つはどのキャッシングを利用しても共通で手数料無料になると思います。
その他は、それぞれのキャッシングのサービスによるところが大きく、「コンビニの銀行ATMはほぼ手数料無料」というサービスで顧客を集めるキャッシングもあります。

 

手数料は馬鹿になりません。
特に、近所に店舗のATMがない方や、振込キャッシング多く利用するという方は、手数料無料の条件もキャッシング選びのポイントのひとつに挙げておきましょう。

 

消費者金融のキャッシングを賢く使おう!無利息期間があるところがオトク

そんなとき強い味方なのが、先ほど紹介したアコムプロミスなどの消費者金融。

この2つのキャッシング・カードローンには、”無利息キャンペーン”があります。

 

はじめてのカードローンやキャッシングなら、この無利息期間が充実しているところがオススメ!

 

無利息キャンペーンとは、ある一定の期間の間にお金を借りて返済すると利息がかからないというキャンペーン。
低金利で無利息キャンペーンがあると、実質利息なしで借りることができるので、急ぎで少ないお金が必要な時は積極的に利用した方がいいですね。

 

少額の資金融資ならなおさら消費者金融がオススメ

300万〜500万などの高額資金ももちろん消費者金融のキャッシングが便利なのですが、少額こそ消費者金融の無利息キャンペーンの利用をオススメします。
少額のキャッシングなら、無利息期間中に全て返済することも可能ですよね。
無利息キャンペーン中に10万円借りて10万円返済した場合、金利ゼロでキャッシングできたということになります。
どこよりもおトクですし、なにより友人や親にお金を借りたのと同じ扱いになります。
少額の借入れほど、消費者金融がオススメなんです!

 

不安な在籍確認の電話連絡をなしにできる、書類確認OKなキャッシングも

在籍確認が書類でもOKなところを選ぶのもすぐにお金を借りるための大きなポイントです。
在籍確認が書類でもOKなところが、最近増えてきています。

 

夜間や土日祝にお金を借りようと思っても、会社が休みの場合は在籍確認が取れません。
書類でOKのことろなら、即日融資が可能なので非常に助かります。
在籍確認に使える書類は、社員証、保険証、給与明細などです。
これなら、基本的に手元にある、という方が多いのではないでしょうか?

 

電話による在籍確認は怖がらなくても大丈夫!

 

とはいえ、まだまだ電話による在籍確認を行っているキャッシング・カードローンは多いもの。
また、電話なしでもOKを謳っているところでも、審査員が気になることがあると電話連絡をすることもありえます。

 

しかし、電話連絡を極端に避ける必要はありません。
消費者金融やキャッシング会社のスタッフは、社名を名乗らず個人名で電話をかけてきます。
電話を受けた人にも、それがキャッシングの審査のための確認電話とはわかりませんし、電話をつないでもらう必要もありません。
席を外していても、在籍さえ確認できればOKですので、自分が休みの日でもOKです。

 

土日祝日、夜間の即日融資希望など、時間にシビアではない状態なら、電話確認でもとくに問題はないでしょう。

 

消費者金融のキャッシング・カードローンは”総量規制”に注意

即日融資も受けやすく、無利息キャンペーンも充実している消費者金融のキャッシング。
ただし、消費者金融は年収の3分の1までしか借りることができない「総量規制」の対象です。
そのため、あまり大きな金額の融資をときには対応しきれないことも。

 

また、もしほかの金融機関でお金を借りている場合、新しい金融機関でお金を借りる場合は合計額で計算されます。

 

つまり、あなたが年収300万円だとすると、金融機関から借りることができるお金は総額で100万円。
A社からすでに60万円お金を借りている場合、B社からはたとえ限度額が300万円あるキャッシング会社でも、総量規制の100万円からA社の60万円を除いた40万円までしか借りられないということになります。

 

 

急いでお金を借りたくても、最低限この5つのポイントのうち3つは当てはまるところで借りましょう!

 

慌てているからといって、あまり名前を聞いたことがないようなところで借りてしまわないように気をつけてくださいね。
法定外の高い金利をとる、いわゆる”闇金”に引っ掛からないことが何より大切です!

 

>>安心・オススメのキャッシングをチェック→コチラ

 

やっぱり低金利で借りたい!低金利でお金を借りるメリット

即日融資でお金を借りるには消費者金融が一番だとお話してきました。
もちろん、同じ消費者金融の中でも低金利のところを選んだ方が返済の総額が安くなります。

 

10万円程度ならさほど差はありませんが、100万円単位になってくると、利息の差も大きくなり、支払う総額が大きく変わってきます。
低金利でお金を借りるメリットは、返済総額が安くてすむことですが、それ以外にも色々なメリットがあります。

 

低金利でお金を借りるメリット

  • 長期間借りた時の利息の差
  • 総返済額が安く済む
  • 無利息キャンペーンを利用すれば借入れと返済額が同じに
  • 利息だけ支払うことも可能になる

 

低金利で借りたときに一番実感できるメリットは、長期間借りたときの利息の差です。

金利の差は、金額が低い時と、期間が短い時というのは、気になるほどの差は実際はありません。
10万円1ヶ月では、4%程度の差額に苦しむということはほぼないでしょう。


しかしこれが、100万円となるとどうでしょう?
おのずと返済期間も長くなりますし、その分利息は積み重なっていきます。

 

即日融資の場合はあまり長期間返済できないような金額を借りることはないと思いますが、返済して借入れする、を繰り返していれば、長期間利用しているのと同じことです。
1年、2年と時がたっていけば行くほど、4%の利息の差も大きな差になってきます。

 

もし、あなたが借りて数日中に返済する、というのならあまり神経質になる必要はないのかもしれませんが、長期間の返済プランを立てていたり、この先もピンチがあればいつか利用したいと思っている方は、とにかく少しでも低金利で借りた方が無難です。

 

とはいえ、低金利で即日融資の代表ともいえる消費者金融は、それぞれの店舗同士でさほど差がないので、そういった場合は無利息キャンペーンの有無や、持っている口座が対応しているかどうかなどの項目で比較検討してみるのもいいと思います。

 

低金利で即日融資が可能なキャッシングはある?

すぐにお金を借りることができて低金利なキャッシングは、銀行のカードローンです。
消費者金融の場合、即日融資でキャッシングをすることができますが、どうしても金利が高くなります。
逆に銀行や信販会社の場合は、ほとんどが契約するまでに時間がかかりますが低金利です。

 

金利が14%前後で、即日融資が可能な銀行カードローンをピックアップしました。

  金利 限度額
じぶん銀行カードローン 1.9%〜12.5% 最高800万円
イオン銀行カードローンBIG 3.8%〜13.8% 最高800万円
楽天銀行スーパーローン 4.9%〜14.5% 最高500万円
セブン銀行 15.0%〜15.0% 最高50万円

これらは、銀行のカードローンで即日融資が可能なものです。
どれも、上限金利が15%以下で、限度額もセブン銀行以外はかなり高額まで借りることができます。
低金利で即日融資は、特に最近ではネットバンクなどに多くなっています。
ふつうの大手の銀行でも行ってはいますがなかなか即日融資が厳しいので、このような銀行カードローンが多く利用されているようです。

 

また、低金利のカードローンはどれも審査が厳しいのが定評で、借入れするまでの審査や提出書類をそろえるのに時間がかかってしまう場合もあるようです。
低金利の即日融資のカードローンは色々と選べるようにはなってきているものの、すべての条件を満たす借り入れ先を探すのは難しいのでしょうか…?

 

いいえ!最近は消費者金融でも、銀行の金利に近い金利で、即日融資でお金を借りることが可能です。

 

やはり審査のスピード、そして夜間でも契約できて、書類なども簡易なものでいいという面においては消費者金融が一番簡単ですぐに借りることができます。

 

高額のお金を長期間にわたって借りるなら銀行系カードローンが低金利でオトク。

 

即日融資希望で、ある程度低額のお金を借りるなら消費者金融のキャッシング。

 

数万円という数日で返済できる金額なら無利息キャンペーンのある消費者金融を選ぶ……。

 

あなたのお金の借りる方法を決めるには、あなたがどのような用途でお金をいくらぐらい借りるか、そしていつ返済できるかを決めておくことが大切です。

 

>>安心・オススメのキャッシングをチェック→コチラ

 

誰にも会わずにお金借りるには?

今月は生活費がピンチだからお金を借りたいけど、消費者金融の即日融資は誰かにバレたりしたら大変。

特に、自動契約機などの店舗に向かうときに誰かに見られたらどうしよう?
とにかく誰にも会わずにお金を借りたい!
そんな人のために、最近では”インターネット完結”という方法があります。

 

インターネット完結とは?

申し込みからキャッシングまで、全てインターネットで完結するキャッシングの契約の種類です。
スマホにも対応しているので、誰にも会わずに契約〜キャッシングまで可能です。

 

書類はスマホやデジカメで撮影して送付するだけ。
本審査の回答を待って、無事契約ができたら自分の口座に振込でお金を借りることができます。
まさに、最初から最後まで、全てインターネット上で完結してしまうので、どこにいてもお金を借りることができます。

 

インターネット完結の流れ

  • まずは自己診断。年収と他社の借入れ状況などを入力するだけで、契約できるか自己診断が可能です。
  • 公式サイトから申し込みをします。PC・スマホ・タブレットなどで申し込みが可能です。
  • 必要書類をスマホのカメラやデジカメで撮影して送付します。
  • 本審査の回答を待ちます。30分〜1時間程度です。
  • メールまたは電話で回答が来ます。
  • 本審査に通ったら、契約完了。
  • キャッシングをする
  • 郵送でカードと契約書を送って貰うか、直接店舗に取りに行く

唯一、どうにかうまくやらないといけないのは、一番最後のカードの受け取りと契約書類の受け取りです。

 

どうしても誰にも会いたくない場合は、郵送でカードと契約書を送ってもらうことになります。
この際、配達時間を選べるサービスもありますので、家族にも知られたくないという方は、時間帯を決めて自分で受け取れるように調整することもできます。

 

逆に、郵送されたほうが困る!という方は、店舗に直接取りに行くこともできます。
その際、誰かに会ってしまう可能性もありますが、カード受け取りが可能なのは、ほとんどが22時頃まで。
夜間でも対応しているので、人の少ない時間に取りに行くのがいいと思います。

 

唯一気をつけなければならないのはこの2つくらいで、後は本当に全てPCまたはスマホでキャッシングまで完了してしまいます。
本当に誰にも会いたくない人にとっては、すばらしい朗報ですね。

 

即日融資の場合はインターネット完結に注意!

インターネット完結は非常に便利なのですが、一番大きなデメリットとして手元にカードがありません。
どうしても店舗にとりに行くか、郵送を待つ必要があります。
インターネット完結で契約する場合は、ほとんどが”振込キャッシング”という方法になると思います。
カードが出来上がるまでは、その方法しかありません。

 

なので、どうしtも即時融資でその日のうちにお金を借りたい!という人は、インターネット完結を選ばず、通常の契約方法を選んだ方がいいでしょう。

 

特に、最初に公式ホームページから申し込んで、その後自動契約機に向かうのが最短です。
夜間も21時まで契約可能ですので、誰にも会いたくない人は、夜間を利用するのもひとつの方法です。

 

低金利よりもスピード審査を重視する借り方もあります

低金利でお金を借りたい!もちろん、誰でもそう思いますよね。

お金を借りるなら、少しでも返済の際の利息が少ないほうが嬉しいです。
低金利で比較すると、消費者金融や信販系のキャッシングはどうしても銀行にはかないません。
銀行のカードローンは、それくらい低金利です。

 

しかしながら、消費者金融はスピードにおいては右に出るものはありません。なんといっても、即日融資が可能で、そのスピード審査は30分程度でお金を借りられるかどうかがわかります。

 

今日、お金を借りたい!明日、お金が必要!
そんな時は、スピード審査を重視するお金の借り方もあります。
例えば1万円足りない時というのは、2週間先、1ヶ月先に必要なわけではありませんよね。
1万円借りたい人にとって、最も重要視すべきはお金を借りることができるスピードです。

 

もし、今あなたが低金利か即日融資のスピード審査か悩んでいるのであれば、自分の借りたいと思っている金額を考えてみましょう。
たとえ金利が高くても、借りる金額が少なく、さらに1ヶ月以内に返済できる金額であるのなら、スピード審査の消費者金融が最もオススメで賢い借り方であるといえるでしょう。
消費者金融は、初回のみ30日間無利息キャンペーンなども行っています。
すぐに返済できる金額なら、借りてすぐに返すことで利息を少なく済ませることも可能です。

 

スピード重視なら少額で借りる

急ぎでお金が必要な場合は、とにかく今必要な資金のみを借りた方がスピーディです。
少額の融資の場合、収入証明が不要になるからです。
50万円以下の融資であれば、ほとんどのキャッシングは収入証明は不要です。
必要書類の量がスピードを決めると言っても過言ではないので、急ぎの場合はひとまず50万円以下の少額融資で申込みましょう。

 

キャッシングのスピード審査 どんな内容を審査されるの?

お金を借りる時は、やはりその日のうちに借りられた方が安心しますよね。
即日融資のキャッシングは、契約したその日にお金を借りることができるので非常に便利です。

 

なぜ即日融資はその日のうちに契約してお金を借りることができるのか?
それは審査のスピードが早いからなんです。

 

通常、銀行のローンなどの場合、審査でチェックされる項目はたくさんあります。
収入について、持ち家について、現在済んでいるところの居住年数、勤続年数など、色々なことを調べた結果、お金を貸すことができるかどうか判断します。
そのため、申し込みをしてからお金を借りるまでに2〜3週間かかってしまいます。

 

即日融資のスピード審査は、審査する項目を限定して審査をしています。
例えば消費者金融のスピード審査の場合は、

  • 安定した収入があるかどうか
  • 他社の借入れが年収の3分の1を超えていないかどうか
  • 20歳以上かどうか

この3つの項目が、審査に通るかどうかの決め手になります。
持ち家かどうか、勤続年数などは、いちおう記入はしますが、あまり契約上問題になることはないかと思います。

 

キャッシングのスピード審査で即日融資でお金を借りたいと思っている方は、事前に自分の借入れ状況などを確認しておきましょう。

 

また、それぞれの公式サイトにある自己診断は、今回の項目について自分で診断することもできます。
自己診断した結果を送信して申し込みをすると確実性もアップしますので、これから申し込もうと思っている方はぜひ自己診断をしてから申し込んでくださいね。

 

>>アコムの自己診断は→http://acom.co.jp/jikoshindan
>>プロミスの自己診断はコチラ→http://promise.co.jp/pre_shinsa

 

キャッシングのスピード審査 事前準備に必要なものは?

その日のうちにお金を借りるために、スピード審査は非常に助かりますが、準備が万全でないと翌日以降になってしまう可能性もあります。
確実に即日融資するためにも、準備は念入りにしておく必要があります。

 

スピーディに審査を受けるために重要な事前準備は、以下のような準備する必要があります。

・本人確認書類の準備
身分証明書(免許証・住民票・保険証のどれか)
印鑑(スタンプ印でないもの)
・借りたい金額によっては収入証明
・在籍確認用の社員証や給与明細

身分証明書は、免許証の住所変更がされているかどうかに注意してください。
もし、住所変更をしていない場合は、公共料金の請求書などを準備しておく必要があります。
住民票を取得するのが確実なので、もし時間があれば住民票を取りに行っておきましょう。

 

収入証明は、50万以下の借入れならほとんどが不要です。
50万を超える借入れを希望している人は、直近の給与明細または源泉徴収などを準備しておきましょう。

 

また、夜間は在籍確認ができない場合が多いので、念のため社員証・給与明細を準備しておきます。
書類のみでは通らないところもありますが、最近では後日、在籍確認をするということで即日融資に応じてくれる場合もあるようなので、夜間の場合は準備しておいた方がいいでしょう。

 

本人確認書類のチェック項目

即日融資のキャッシングで最も重要な書類が本人確認書類です。
即日融資の場合、必要なのは本人確認書類のみの場合が多いので、本人確認書類に不備があると即日融資をすることができなくなってしまいます。

 

本人確認書類に不備がないかどうか、最低限以下の項目をチェックしておきましょう。

・免許証の住所が変更になっていないかどうか
・保険証の場合、住所を証明することができる公共料金等領収書または請求書原本
・パスポードの期限が切れていないかどうか

 

運転免許証を持っている方は非常に簡単ですが、保険証やパスポートの場合は現住所確認のため公共料金の領収書などが必要な場合があります。
申込みたいキャッシングの必要書類の事項を確認の上、抜けがないようしっかり確認してから申し込みをしましょう。

 

低金利でお金を借りるために

お金を借りた時に、どのキャッシングでも借りたお金は必ず返済しなければなりませんが、それに加えて利息分を追加して返済しなければなりません。
究極のことを言えば、どのキャッシングでお金を借りるのがいいかという差はこの利息の部分になる金額がいくらになるかという差になります。
低金利でお金を借りればそれだけ返済する利息分の金額も少なくなります。
少しでも低金利でお金を借りるためには、自分で借りたお金にどれくらいの利息がつくのか計算できて置かなければなりません。

 

簡単な例で計算してみましょう。
100万円を実質年利18.0%の会社で1年間借りた場合、利息は・・・

 

100万円(借りた金額)×0.18(金利)×1(借りた年数)=180,000

 

18%の金利の場合は、1年間で118万円返済することになりますね。

 

18%は消費者金融の代表的な年利です。
銀行の場合は14%程度ですので、

 

100万円(借りた金額)×0.14(金利)×1(借りた年数)=140,000

 

消費者金融と銀行では、1年借り続けると利息だけで14万円も差がでるということです。
14万円というのは、月1万円以上なので非常に大きな金額ですよね。

 

キャッシング業者には、銀行系・信販会社系・消費者金融系の3つのタイプがあり、特に銀行は金利は安いですが、審査に半月〜1ヶ月かかってしまうところが多いので急ぎの場合は利用するのが難しいです。
消費者金融系は即日融資が可能なのが長所ですが、やはり金利が高めに設定されているので利用には気をつけて必要な時のみ絞って利用し、すぐに返済するように心がけた方がお得に利用できると思います。

 

>>安心・オススメのキャッシングをチェック→コチラ

 

おまとめローンは低金利でまとまったお金を借りることが可能!

複数社で借りているキャッシングを1社にまとめるのがおまとめローン。
まとめることで返済を1本化できることと、一つにまとめること低金利で借りることができるというメリットがあります。
「借り入れをまとめる」ということから「おまとめローン」という商品名担っている場合が多いですね。

 

おまとめローンは、大きな資金を借りるため通常よりも低金利。
しかも、消費者金融の最大のデメリットである「総量規制」にも引っかからないので年収の3分の1以上の金額でも借りることが可能です。
なぜ消費者金融なのに、おまとめローンは総量規制対象外なのか?
おまとめローンは、借り手に一方的に有利な融資になるため、と言われています。
どのように有利かというと、返済のみで借入が不可ということで、通常の同社のカードローンよりもかなり低金利に設定されているんです。
非常に低金利でお金を借りることができる、それがおまとめローンのメリットです。

 

他にも、返済を一本化することで毎月バラバラの返済日が一つになりますし、3社で借りていた時はそれぞれが少ない金額だったため上限金利が適用されていましたが、おまとめローンでまとめたことで1社での借金が高額になるため金利が今まで以上に低金利になります。

 

おまとめローンは非常に便利でお得ではありますが、あくまでも、返済目的のカードローンなので、「とにかく返済に集中したい」「少しでも借金を少なくしたい」という方におすすめのキャッシングです。

 

低金利とはどれくらいの金利のことを言うのか?


消費者金融は高金利で銀行は低金利、といいますが実際の数字ではどのような金利が低金利なのでしょうか?
金利は法律で決められていますので、その数字を見ながら比較するのが良いと思います。

法律で決められている上限金利

・10万円未満の場合・・・20%
・10万円以上100万円未満の場合・・・18%
・100万円以上・・・15%

上記でご紹介したのが、それぞれ借りた金額に設定できる最も高い金利になります。
いくら借りるかによって金利は変わりますが、上限を知っておくことでキャッシングの金利がわかります。
今借りようと思っているキャッシングの限度額を確認するようにしましょう。

 

>>安心・オススメのキャッシングをチェック→コチラ

 

即日融資でお金を借りるコツ

急にお金が必要になった時に、すぐにお金を借りるためには審査に確実に通過する必要があります。
審査は実際にうけてみないと通過できるかどうかはわかりませんが、コツは存在します。
急ぎの人は、このコツを参考にしてみてください!

 

申請する金額は少なめに

はじめてお金を借りる時に100万円借りたい、というよりは10万円借りたい、という方が貸す方も貸しやすいです。
それだけの理由ではありますが、比較的申し込み金額が定額の方が審査に通過する可能性はあるかもしれません。
いくら借りたいか、という質問には、10万円〜20万円程度を申し込むといいでしょう。

 

複数申し込まない

急ぎの場合、少しでも時間短縮したいがために、いくつも同時に申し込みをしたくなってしまうのはわかりますが、これ実はあまり良くないことなんです。
複数申し込みは、審査に不利と言われています。
実際に、3社以上を同時申し込みすると、4社目以降は比較的スピーディに審査に落ちたという連絡が来るようになります。こうなってしまうと申し込みブラックと言う状況に陥ってしまい、1年程度時間を置かないと借入が難しくなってしまいます。
同時申し込みは3社まで、できれば1社ずつ審査を受けるようにしましょう。

 

ネットで申し込みをしておく

急ぎの場合は何かと店舗に向かえばスピーディと思いがちですよね。
でも、実際に店舗に行って待たされたら?
無人契約機に人がいたら?
そういうことを考えると待っている時間がもったいないです。

 

それなら、最初にインターネットから申し込みをしておき、本審査中に店舗へ移動した方がよほど効率的です。
急いでいるとついつい店舗に直行してしまいがちですが、まずは落ち着いて自宅から申し込み→店舗へという流れで行った方がムダが省けて確実に即日融資ができると思います。

 

このように、即日融資で必要な資金を確実に借りるためにはちょっとしたコツがあります。
審査に直接影響を与えるものではありませんが、即日融資は時間が勝負。
確実にその日に審査をうけて回答をもらうためには、少しでも時間短縮を図るのがコツですね。
午前中に申し込みをしておけば確実に当日に審査結果を聞くことができますので、可能であれば午前中に申し込みをしておきましょう。

 

>>安心・オススメのキャッシングをチェック→コチラ

 

お金借りるならどこ?失敗しない見分け方

急ぎでお金を借りたい場合、ついつい貸してくれるところがあると「ここでいいや」となってしまいがちです。
それでは、違法業者に引っかかってしまい、返済するのが非常に苦痛な状況になってしまいかねません。

 

本来、お金を借りるということはそんなに怖いことではありません。
法律に則った利息を返済していけばいいので、普通に苦しむことなく返済することが可能なんです。
でもどこか怖いイメージを持ってしまうのは、やはり違法業者が狙っているから。
そこで、失敗しないキャッシングの選び方をご紹介します。
どんなに急いでいても、これだけは注意してください。

 

怪しいと思ったらやめる

とにかく、どんなことでもいいので「怪しい」と思ったら辞めましょう。
例えばドアを開けて店舗に入った瞬間、店舗の雰囲気が何かおかしかった。
これだけでも辞めた方がいいです。
イメージが悪い消費者金融でも、店舗の中はクリーンですし対応も良く、普通の銀行のような感じの事務の女性が機会的に対応してくれるもの。
必要以上に親切だったり、必要以上に店舗が暗かったり。
とにかく、「何かおかしい」と思ったらやめておくべきです。

 

また、広告を出せる=資金力があると勘違いしてしまい、安心して借りてしまうなんていうケースもあります。
大きな広告、広告の量などで安易に判断するのではなく、最終的には金利が違法な金額ではないかどうかで見極めるようにしましょう。

 

貸金業法について
貸金業法とは、消費者金融がkシアyやクレジットカード会社などの貸金業者が業務を行う場合に守らなければならない規制内容のことです。
貸付の際の上限利率や返済を滞納した場合の取立ての方法、貸金業登録の義務化や、貸付金額の上限なども定められています。
貸金業法に違反している業者は、いわゆる「闇金」と呼ばれる違法金融業者になります。
怪しいなと思ったら、貸金業法に違反していない業者かどうかチェックしましょう。

 

少しでも低金利で借りたい

何よりも金利を重視する借り方をするなら、銀行カードローンがオススメです。

消費者金融は審査スピードも早く、無利息キャンペーンなどを行っているので、短期間で借りるなら消費者金融の方が低金利の場合もありますが、長い目でみるとやはり銀行カードローンの方が遥かに金利は低いです。

 

例えば消費者金融の上限金利が17%前後なのに対し、銀行は14%前後です。
この数%の差が、1年、3年と借り続けていると重くのしかかってきますし、また借りている金額も50万円を超えてくるとこの金利の差が返済の大きな差を生みます。
最終的に完済した際に銀行カードローンで借りた場合と比べて見れば一目瞭然ですが、あとのまつり、ですね。

 

もちろん消費者金融も無利息キャンペーンを利用すれば、どこよりも低金利で借りることが可能です。
ただし、無利息キャンペーンはほとんどの期間が1ヶ月以内、そして初回のみのサービスなので、継続して利用するとなると通常の消費者金融の金利がかかってきます。
もし、急ぎで消費者金融を利用したいのであれば、初回の借入後も同じようになるべく早めに返す、または早めに返せる金額のみを借りる、などのルールを決めて利用するのがいいでしょう。
そして早めに銀行カードローンに切り替えるようにしたほうがいいかもしれませんね。

 

主婦が生活費を借りる時のキャッシング

今月は友人の結婚式で服を買ったり美容院に行ったりしたから生活費が少し足りない。
そんな時にキャッシングはとても便利ですよね。
主婦の場合、ときには旦那さんに内緒で生活費を使うこともあると思います。
旦那さんに内緒で生活費の不足分をなんとか補填したい!という場合、専業主婦かパートしている主婦かによって、どこで借金するかは変わってきます。

 

パートをしている主婦の場合、自身に収入があるため、どこのキャッシングやカードローンでも申込みは可能です。
しかし、専業主婦の場合は金融業でのキャッシングは総量規制に引っかかってしまうため申込みができません。
専業主婦の場合は、銀行のカードローンやキャッシングなら利用できます。
銀行には総量規制がないため、自身に収入がなくても、配偶者の収入で申し込める場合があります。

 

主婦が生活費を工面するために少額の資金を借りることは、最近ではそれほど珍しくありません。
専業主婦向けのキャッシングやカードローンもあり、限度額は10万円程度と低めですが、配偶者の会社への在籍確認などもなく、旦那に内緒で借りることができるものもあります。
上手に利用すれば専業主婦の強い味方になるので、ぜひ活用してみてください。

 

誰にもバレずに借金はできるのか?

お金を借りたいと思っているけれど、できれば借金していることは誰にもバレたくない。
バレたくない相手は、家族ですか?職場ですか?
どちらにもバレずに借りる方法もあります。
誰にもバレずに借金するためには、確認電話や書類の送付が他のもので代用できるキャッシングを選ぶといいです。

 

Web完結の中には一切連絡がないものも

消費者金融の中には、Web完結で申し込み〜契約をすると、書類やカードの郵送も、勤務先への在籍確認の電話もないところもあります。
色々な消費者金融などのキャッシングには、郵送先を自宅以外にできたり、発送時間を指定できたりするところもありますが、実際にカードを郵送してもらわなければならない場合は、どれだけ発送時間を指定しても、家族と同居していたら隠し通すのは難しいですよね。

 

また、勤務先への在籍確認の電話はナシにするのは難しいところが多数です。
個人名で電話がかかってくるとはいえ、もし外部から電話がかかってくることないような勤務先の場合は、どんな電話であれ、電話がかかってくる時点で怪しまれてしまいます。

 

勤務先には、前もって「カードを作成したから在籍確認の電話がかかってくる」ということを伝えておくのがベターです。
さすがに消費者金融であることまではバレませんし、通常のクレジットカードなどでも勤務先の在籍確認は必ず行われていますので、怪しまれることはありませんよね。

 

そんな方が多いせいか、最近では在籍確認を社員証でOKとしてくれるところもありますし、書類やカードは店舗に取りに行く、またはカードレスのサービスもありますので、絶対に誰にもバレたくない!という方は、カードレスで在籍確認もなしのキャッシングを選んでくださいね。

 

バレた人のほとんどが返済の遅延
返済日をウッカリ忘れて電話がかかってきてしまったりすることは、長年利用していると一度くらいはあると思います。
登録している携帯電話に最初に連絡はあるのですが、電話に出なかったり、返済日がいつまでも遅れていたりすると督促状が送られてきたり、勤務先に督促の電話がかかってきてしまうことがあります。
家族や勤務先にバレてしまった人のほとんどは、督促の通知です。
絶対にバレないようにするためには、返済日に遅れないようにすること、キャッシング会社からの電話には必ず出る、または折り返し連絡をすることが大切です。

 

>>安心・オススメのキャッシングをチェック→コチラ

 

即日お金を借りる最速の方法は?

キャッシングやカードローンには、申し込みをするのにいくつかの方法があります。

・電話で申込む
・店舗に行って申込む
・自動契約機で申込む
・Webから申込む

即日お金借りるためには、申し込み〜審査まではできる限り最速の方法を選びたいところ。
この中で最もスピーディなのは、一体どの方法なのか?
それは、Webと店舗のコンボなんです!

 

即日のポイントは、いかに待ち時間を効率よく利用するか

最速の方法は、まずWebから申し込んで審査をしている間に店舗に向かうのが最速!
中には、Webから申し込みを行った後に直接店舗に電話をかけることで、よりスピーディに対応してくれるところもあります。
どうやら、「Webからまずは申し込みをする」というのがスピーディに物事を進めるポイントなんですね。

 

インターネットから申し込みをすれば、必要な書類の送付や、個人情報なども電話で確認する必要なく正しい情報をスピーディに伝えることができます。
そして、審査を行っている間に自動契約機に向かうことで待ち時間を少なくすることもできます。

 

なぜわざわざ自動契約機に向かうかというと、カードを受け取るためです。
カードレスでキャッシングができるところも最近では多いですが、銀行口座が必要だったり、振り込みキャッシング対応時間や銀行などもあったりと色々ややこしいのが現状です。
難しいことを考えるくらいなら、直接自動契約機でカードを発行してもらえば、そこにあるATMですぐにキャッシングすることができます。
どうしてもその日のうちに借りたい人は、手元にカードを発行してもらうのが確実で最もスピーディですね。

 

お金のトラブルに備えて、あらかじめ低金利キャッシングに申し込んでおくのが◎

Webからの申し込みは24時間いつでも可能です。
つまり、これを読んでいるあなたも、もしお金が足りないと思っているなら、すぐに申し込みが可能ということ。

 

営業時間外に申し込みをしておけば、翌日すぐに受付〜審査を行ってもらえます。
営業時間外でも思い立ったらまずは申し込みをしておいたほうが、万が一の「お金がない!」を回避することができます。
即日でお金を借りることができればそれが一番です。
しかし、必要書類をそろえるのに時間がかかったり、夜中の申し込みでどうしても振り込みが翌日になってしまったり、といつでもどこでも100%即日でお金を借りることができるとは限らないもの。

 

「お金のこと、ちょっと不安カモ」と思ったら、先手を打って申し込んでおけば、安心ですよね♪

 

借金は、借り方次第で大きな借金になってしまう可能性が高いです。
借り方が上手な人は、大きな借金に追い込まれ悩むことも少ないですので、最初に借金をする時は慎重に調べて契約するようにしましょう。

 

>>安心・オススメのキャッシングをチェック→コチラ