仮審査・本審査・スピード審査 お金を借りる審査の種類

仮審査・本審査・スピード審査 お金を借りる審査の種類

お金を借りる時には、必ず審査があります。
時々「審査なし」などと書かれている広告を目にする事があると思いますが、審査がないカードローンやキャッシングは危険なのでお勧めできません。
銀行であれ、消費者金融であれ、カードローンでお金を借りるには必ず審査が必要です。
審査の種類と内容について、詳しくご説明いたします。

 

審査の種類

お金を借りる時に行われる審査には、仮審査本審査があります。
名前の通り、仮審査が先に行われて、仮審査に通過したら本審査が行われます。
仮審査よりも本審査の方が時間は長いため、仮審査に通過しないと本審査を受けることができません。
それぞれの審査について、どのような内容でどの程度の時間がかかるのか、詳しく解説いたします。

 

仮審査とは

仮審査とは、その名の通り本審査を受けるための審査です。
仮審査の特徴は、機械的に審査が行われること、そして貸出金融機関が行うということです。

 

審査内容は、ある程度パターン化されています。
そのため、仮審査の場合は年収や年齢、勤続年数などの基本情報をコンピューターなどに入力することで本審査を受ける資格があるかどうかの判断が行われます。

 

仮審査ではほとんど審査に落ちることは少ないと言われています。
このパターン化された機械的な審査に通過できない人は、過去に破産経験があったり、ブラックリストに載っていたり、申し込み金額が極端に多いなどの特殊なケースがほとんどです。
もちろん、総量規制にもとづき、年収の3分の1を超える申し込みもアウトです。

 

このパターンに当てはまってしまった人は、本審査を受けるまでもなく審査を落とされてしまいます。

 

ここまでは、パターン化された内容に基づいて行われるため、ほぼ瞬時に終わると言われています。

 

本審査とは

本審査とは、仮審査とは違い人間の目で行われる審査です。
仮審査が貸出金融機関のみでの審査だったのに対し、本審査は保証会社も合わせて審査を行います。
勤続年数や、勤務先への在籍確認、本人確認書類のチェックなど細かい部分を人間がひとつずつ確認をしていきますので、時間がかかります。

 

仮審査よりも本審査はさらに厳しい審査になります。
書類の内容に偽りがないかどうか、過去の信用情報をチェックし、延滞や遅延があった場合はそれについてどのように判断するか、など細かいチェックが行われます。
一番重要なのは、嘘の情報を記載しないこと。
「この人はどうも怪しい」と思われてしまうと本審査に落とされてしまいますので、仮に大きな借金があったとしても、勤続年数が短かったとしても、正直にきちんと記載することが大切です。

 

審査を受ける前の自己診断は大切!

よく、仮審査と自己診断を一緒に思っている方が多いと思いますが、これは簡易審査と言われるもので、つまり診断なので審査ではありません。
しかし、この自己診断は非常に重要で、特に急ぎでお金を借りたいと思っている人にとっては時間短縮に大いに役立ちますので必ず利用しましょう。

 

自己診断は、「3秒診断」や「10秒診断」などの名前で、すぐに診断結果がわかります。
名前や住所などの個人情報を入力する必要はありませんので、申し込みをするかどうか悩んでいる方でも利用することができます。
自己診断でNGが出たら、仮審査も本審査も受ける必要はありません。
そうすれば、時間をムダにすることなく、他のキャッシング会社を探すことができます。

 

審査に通過するかどうか不安・・・という方は、恐らく自分でわかっているはずです。
年収の3分の1を超えているかどうかが不明ということですよね。
自己診断に借入金額を入れれば簡易診断で結果がすぐにわかります。
そのような使い方をするのも便利ですので、ぜひ活用してください。

 

属性審査ってなに?

ここでは、審査の中でももう少し細かい審査内容についてご紹介します。
属性審査とは、住所年齢などの他に、仕事の年収や勤続年数、他社の借入状況などの情報がありますよね。これらの情報のことを「属性」といい、属性には以下のようなものがあります。

自身に関する内容 氏名・住所・婚姻状況・子どもの有無・年収・学歴
他社での借入状況 合計金額・会社の数・希望金額
仕事の内容 勤務先・勤続年数・勤務形態・社員数・役職
持ち家か賃貸か・マンションか一戸建てか・居住年数・固定電話

 

審査は、この「属性」ひとつずつをポイント制にして、点数付けを行い審査を行っています。
どの項目について何点なのか、今回の審査で自分が何点だったのか、などは公表されることはありません。
また、それぞれの会社の点数の合格ラインが何点くらいなのか、ということも公表されることはありません。

ただ、わかっているのは点数が高いほど審査に通過しやすいということです。
例えば我々にとってどうでもいいようなポイントに、「家」の項目があります。
銀行・消費者金融・信販会社とどこで審査を受けても、必ず家については聞かれますよね。

 

家の項目は、例えば賃貸より持ち家の方が点数が高いです。
固定電話も、無いよりも有りの方が点数が高いです。

 

つまり、収入や生活が安定している状態の方が、点数が高いということになります。

 

これらの属性については、もっと細かい項目がありますが、何一つ公表されていないため、自分で判断することはできません。
しかし、ひとつだけ自分で判断できるのは、「借入状況」と「借りたい金額」です。
これらについては、公式サイトの簡易診断でチェックすることができますので、不安な方は自己診断してみてくださいね。

 

信用情報審査ってなに?

信用情報審査というのは、いわゆる過去の返済実績などについての審査です。
個人信用情報ともいいますが、これは過去の支払状況や返済実績について細かく判断することができる情報です。
それぞれの会社は、この信用情報を確認しながら、申込者にお金を貸してもいいかどうか判断しています。

 

例えば、過去に1回だけ、返済日に遅れたことがあるとしましょう。
その程度であれば、審査にはほぼ問題がない、と言われていますが、それでも信用情報には克明に記載されています。
数日の遅れ、数回の遅れであれば、「この程度ならOKとしよう」という会社もあれば、「1回でもNG」という会社もあります。
つまり、信用情報には情報は残りますので、少しでも遅延や延滞はないようにした方がいいということですね。

 

スピード審査とは、審査が甘いことではない

消費者金融などの即日融資をメインとしているキャッシングやカードローンは、「スピード審査」という言葉を売りにしているところが多いと思います。
スピード審査とは、審査スピードが早いというだけであって、審査が甘いということではありませんので気をつけてください。スピード審査じゃなければ即日融資は難しいですよね。
つまり、審査の項目を減らすことで、審査をより簡潔にしている、ということになります。

 

審査項目を減らすということは、それなりに融資できる金額も下がってきます。
なぜなら、万が一返済できなかった場合にしっかりと取立てを行えるかどうかはスピード審査では判断が難しいからです。

 

つまり、スピード審査は審査が甘いのではなく、借りられる金額が少なめである、という認識の方が無難ということになります。
百万円単位のまとまった金額を借りたい場合は、時間をしっかりとかけた審査を受ける必要があるので、銀行などの方がいいと思います。